丹波で田舎暮らし−神楽の郷(しぐらのさと)|兵庫県丹波市

 

28/3カイアポイモの取組は終了しました

   
南米ブラジルのカイアポ山地に自生
カイアポ芋は、インカ帝国の時代より土着民の間で作り継がれていた薬用白甘藷(かんしょ)です。
甘藷類の元となった『イポエモア』『トリフィーダ』の変種と思われ、糖尿病の改善や健康維持に多大の期待が寄せられる幻の芋。
  • インスリン感受性低下改善作用
  • インスリン分泌増加作用
  • 血液浄化作用
  • 血糖値降下作用
  • 抗肥満作用
  • 血圧降下作用
 などなど、数々の体質改善を持つと言われていますが、今も先進的な医師や研究者により精力的な研究が進められ、新しい成分や薬効効果が次々と発見されているそうです。

   
私たちは、カイアポ芋の優良血統をインカ伝承の割合で植え付け、“無農薬”、“無肥料”で“除草は手作業”と自然に限りなく近い、生産性を度外視した農法で栽培しています。
そのため、動物性有機物の施肥による、発がん性が危惧される『硝酸態窒素』や『抗生物質含有』の危険性はありません。
   
皮はできるだけむかないで!
熱をかけない調理
 使用量は、一日で約20〜40グラムです。食べ過ぎても芋なので、特に問題はありません。
ジュースやサラダなどのように“熱をかけない調理法”で食べるのがおススメです。
煮たり、焼いたりすると熱で有効成分が消失します。

全体の皮はむかないで
  皮に近い部分に有効成分が多く含まれているので、水洗いしても取れない汚れた部分だけを削り取り、全体の皮をむかずに食べていただくのがおススメです。
   
カイアポイモの保存方法
 カイアポイモは寒さに弱いので、冬期保存は部屋のなるべく暖かいところに置きます。
これでも芋がダメになる時は、乾燥芋として利用してください。

 乾燥芋にする場合は、
晴れた日が2日以上続く、湿度の低い日を選び、市販のスライサー等で薄くスライスして日陰干しとして、1〜2日で乾燥してください。
乾燥に日数をかけ過ぎるとイモの色が黒っぽくなります。
乾燥した芋をミキサーにかけ、粉末にしてビンなどに乾燥材と共に入れ、冷蔵庫に保管すれば長く使用できます。
 
 1.薄くスライスする
 2.日陰干し(1〜2日)

 
   
エネルギー 341cal タンパク質 5.2g
脂質 0.8g 糖質 78.3g
ナトリウム 14mg 食物繊維 11.0g
灰分 4.1g サイアミン(ビタミンB1) 0.30mg
リボフラビン(ビタミンB2) 0.13mg ビタミンB6 1.24mg
ビタミンB12 0.04μg 総アスコルビン酸(ビタミンC) 41mg
総トコフェロール(ビタミンE) 1.8mg ビタミンK1 13μg
ナイアシン 3.95mg 葉酸 31μg
パントテン酸 2.45mg ビオチン 15.4μg
カルシウム 157mg リン 223mg
1.94mg カリウム 1930mg
マグネシウム 70.2mg 亜鉛 1.04mg
マンガン 1.40mg 0.55mg
水分 1.4g    
(日本食品分析センター調べ)

一般財団法人

 神楽自治振興会
〒669-3821
兵庫県丹波市青垣町桧倉
414の5番地
TEL&FAX
0795-87-5808

───────────────
1.教育福祉事業
2.環境保全事業
3.地域活性化事業
4.高齢者生活支援事業
5.公共施設の管理運営事業
───────────────

 
012124
<<一般財団法人 神楽自治振興会>> 〒669-3821 兵庫県丹波市青垣町桧倉414の5番地 TEL:0795-87-5808 FAX:0795-87-5808